English Version

銀座 Jotaro Saito
六 本 木 'a w a i'
The Cover Nippon
渋谷 The Yard
上野広小路・鈴乃屋
上野広小路・道明
浅草新仲見世・帯源
新宿駅東口・津田屋
神楽坂・助 六
四谷・むさしや
骨董通・伊勢半本店
キラー通・Twiggy
着 物 倶 楽 部
 着付動画 「わただ」
準 備  ・長じゅばん
着 物  ・
 浴衣動画 「やまと」
浴 衣
半幅帯文庫結び

Special Thanks !

当サイトは「十五夜」さまの画像作品を使わせていただいています。

当サイトの運営内規

著 作
ますえ & 竜 (Ricky)

東京・首都圏での着物の出張着付け専門

"お急ぎ" のお着付け、
実用的なお着付けを学びたい、
どちらのご要望にも迅速にお応えします。

体を自由に動かせて、着くずれしないこと !
基本を曲げない "粋な" お仕上がりです。
心おきなく "和の装い" をお楽しみください。

ご予約・ご連絡は、お電話 050-3616-3285 (常時)、又は e-メール (ma5298se@gmail.com) で、担当「ますえ」宛に、お願いいたします。

フォーマルなお席だけではなく、プライベートなお出かけに、サプライズのお着物姿はいかがでしょうか? ご予約はお早めに!

左側「ご案内」の各項目をクリックしてご覧ください。 「(2) 帯結びコレクション」の 12 番目 'おたいこ' では同一画面に前後の姿が表示されます。 「季節のカード」もどうぞ !

純生のきものワールドへ! ブログ「着物あれこれ

下記、首都圏のイベントやネットの話題などをご案内しています。 ご参照ください。

き も の コ ラ ム

現在、次のようなイベント・展示会が行われています。 (お出かけ前に開館日をご確認ください。)
* 花火大会の日程表 隅田川、戸田橋、東京湾など
* インド木版更紗 自由が丘「岩立フォークテキスタイル」 7月14日まで
* 西郷どん 上野公園「東京藝大美術館」 7月16日まで
* 歌仙と古筆 帝劇ビル「出光美術館」 7月22日まで
* 文房具の至宝展 上野毛「五島美術館」 7月29日まで
* 江戸の悪 Part II 原宿「太田記念美術館」 7月29日まで
* 明治の御慶事 東御苑「三の丸尚蔵館」 8月5日まで
* 大正モダーンズ 「日比谷図書館文化館」 8月7日まで

ネット上の話題からB 全国的に梅雨が明け本格的な夏を迎えましたが、西日本は惨憺たる豪雨被害! 死者・行方不明者が 200 名にも達するとのこと! 先ずは心よりお悔やみ、そしてお見舞い申しあげます。 両国の花火は、飢饉と疫病で亡くなった人々の鎮魂を込めて打ち上げられたのが最初であり、長岡花火 の幕開けに打ち上げられる白菊 3 発 …、これも戦争犠牲者、災害犠牲者、それに平和への祈りが込められています。 暑いさ中、復旧作業が重くのしかかってくることでしょうが、一日も早く立ち直られ、思いのこもった花火が地元でも華開きますようお祈りしています。 (竜、7-10-18)

ネット上の話題からA 沖縄、奄美の後、関東が早々に梅雨明け! 思いっきり広い青空と灼熱の太陽! 長い夏になりそうです。 きっと浴衣を着る機会も増えることでしょう。 いつもは雨模様の七夕イベントも入谷の朝顔市も、今年はおお賑わいになるのかもしれません。 浴衣の着付け をしっかりと覚えたら、下に長襦袢を付けることにトライされてみてはいかがでしょうか? 長い裾がうっとおしかったら半襦袢(うそつき)でもかまいません。 暑い夏とはいえ、しっかりとエアコンが効いた屋内イベントも多いでしょうし、涼し気な半襟を襟元に覗かせれば、もうひとクラス上の夏ファッションになります。 (竜、6-29-18)

ネット上の話題から@ 産経新聞関西版で、戦前の「浪花の婚礼事情」について記事にしておられました。 大阪・船場の商家では贅をつくした嫁入り道具が整えられ、迎え入れる側はまずそのための倉を建てることが儀礼であったとか …。 奢侈禁止令をくり返し発していた江戸時代は、そう見え見えのパーフォマンスは無かったはずですが、明治期に入ると一挙に顕在化したのでしょう。 当然、筆者も谷崎潤一郎の小説「細雪」が頭をよぎります。 戦後日本の大きな変化を見据えた時、古き良き時代のなりわいを、何としても書き残しておきたいとの強い気持ちから生まれたと感じます。 (竜、6-19-18)

きものエッセー (18 編) : 'きもの' の歴史や、文化史をテーマとした展示会に時おり足を運んでプライベートな感想をまとめてみました。 今は、ブログ「着物あれこれ」に引き継ぎ、続けています。

アーカイブズ これまでご案内した話題や参照させていただいた記事(2008 年より)は、ほぼ削除することなくこちらに収納しています。 「着物」全般に関する参考資料にでもなれば、と考えています。

お着物を「次の機会にまた着たい」とのお言葉が励みになっています。

制作・運営 株式会社マービック 東京・新宿
posted initially on September 15, 2008 by Marvic Inc., Tokyo (Charset : iso-2022-jp)