English Version

銀座 Jotaro Saito
六 本 木 'a w a i'
The Cover Nippon
渋谷 The Yard
上野広小路・鈴乃屋
上野広小路・道明
浅草新仲見世・帯源
新宿駅東口・津田屋
神楽坂・助 六
四谷・むさしや
骨董通・伊勢半本店
キラー通・Twiggy
着 物 倶 楽 部
 着付動画 「わただ」
準 備  ・長じゅばん
着 物  ・
 浴衣動画 「やまと」
浴 衣
半幅帯文庫結び

Special Thanks !

当サイトは「十五夜」さまの画像作品を使わせていただいています。

当サイトの運営内規

著 作
ますえ & 竜 (Ricky)

東京・首都圏での着物の出張着付け専門

"お急ぎ" のお着付け、
実用的なお着付けを学びたい、
どちらのご要望にも迅速にお応えします。

体を自由に動かせて、着くずれしないこと !
基本を曲げない "粋な" お仕上がりです。
心おきなく "和の装い" をお楽しみください。

ご予約・ご連絡は、お電話 050-3616-3285 (常時)、又は e-メール (ma5298se@gmail.com) で、担当「ますえ」宛に、お願いいたします。

フォーマルなお席だけではなく、プライベートなお出かけに、サプライズのお着物姿はいかがでしょうか? ご予約はお早めに!

左側「ご案内」の各項目をクリックしてご覧ください。 「(2) 帯結びコレクション」の 12 番目 'おたいこ' では同一画面に前後の姿が表示されます。 「季節のカード」もどうぞ !

純生のきものワールドへ! ブログ「着物あれこれ

下記、首都圏のイベントやネットの話題などをご案内しています。 ご参照ください。

き も の コ ラ ム

現在、次のようなイベント・展示会が行われています。 (お出かけ前に開館日をご確認ください。)
* 海の道 JalanJalan 上野公園「東京国立博物館」 9月30日まで
* 世界の鉄道 目白「切手の博物館」 9月30日まで
* 東京 150 年 両国「江戸東京博物館」 10月8日まで
* 水のうつわ 空のうつわ 白金台「松岡美術館」 10月13日まで
* 松尾敏男展 横浜「そごう美術館」 10月14日まで
* 春日権現験記絵 東御苑「三の丸尚蔵館」 10月21日まで
* 東京 150 年祭 「浜離宮恩賜庭園」 10月26-28日
* 狩野芳崖と四天王 六本木「泉屋博古館」 10月28日まで

ネット上の話題からB 江戸から東京へ改名、すなわち東京遷都 150 年ということで、来る 10 月 26 - 28 日に、芝・浜離宮庭園で「東京 150 年祭」が開かれるとのことです。 出演は何と '初音ミク' ちゃん、塩入の池にしつらえられる水のスクリーンに登場とか! そして、音楽は佐藤允彦さんのジャジーなアレンジメント! とここまで書くと、筆者ならずとも興味をそそられる方もきっと多いことでしょう。 都心にあり、足の便も良く気軽に行ける公園なのに、普段はなかなか足を向けることの少ない浜離宮ですが、このチャンス、ミクちゃんに負けずに素敵なお着物姿で秋の夜長をお楽しみください。 (竜、9-13-18)

ネット上の話題からA 7月末、中国・四国地方を襲った大水害に続き、今回は関西の心臓部を巨大台風が直撃しました。 未だ停電が続いているところもあるようですが、大変心配されるのは関西空港が被った甚大な被害です。 空港内に取り残された旅行客すらスムーズに避難させられなかっただけでなく、当分の間使用不能になる恐れがあることでしょう。 今やインバウンド消費に大きく依存している関西経済は、その蛇口を止められかねない事態です。 中国人旅行者の定番、大阪での買い物と、京都・奈良の寺社巡り など、その影響が最小限に抑えられることを切に祈ります。 (竜、9-5-18)

ネット上の話題から@ 東京では先日夕方短時間でしたが、激しい雨と鳴りやまぬ雷鳴に見舞われました。 科学的に言ってしまえば、猛烈に発達した積乱雲が急ぎ足で通過したということなのですが、ふと日本の歴史を振り返れば、神社の創設はかように特異な自然現象がきっかけになったと思われます。 それに蔓延する疫病、干ばつによるコメ不足、更には権力抗争など社会や政治不安が重なれば、もう後はひたすら神に祈る(神の怒りを鎮めてもらう)他ありません。 そこで京都では 菅原道真の天神、それに関東では平将門の明神などが生まれ、全国に広がっていったのでしょう。 (竜、8-29-18)

きものエッセー (18 編) : 'きもの' の歴史や、文化史をテーマとした展示会に時おり足を運んでプライベートな感想をまとめてみました。 今は、ブログ「着物あれこれ」に引き継ぎ、続けています。

アーカイブズ これまでご案内した話題や参照させていただいた記事(2008 年より)は、ほぼ削除することなくこちらに収納しています。 「着物」全般に関する参考資料にでもなれば、と考えています。

お着物を「次の機会にまた着たい」とのお言葉が励みになっています。

制作・運営 株式会社マービック 東京・新宿
posted initially on September 15, 2008 by Marvic Inc., Tokyo (Charset : iso-2022-jp)