English Version

銀座 Jotaro Saito
六 本 木 'a w a i'
The Cover Nippon
渋谷 The Yard
上野広小路・鈴乃屋
上野広小路・道明
浅草新仲見世・帯源
新宿駅東口・津田屋
神楽坂・助 六
四谷・たびのむさしや
骨董通・伊勢半本店
キラー通・Twiggy
着 物 倶 楽 部
 着付け動画 「わただ」
準 備  ・長じゅばん
着 物  ・
 ゆかた動画 「やまと」
浴 衣
半幅帯文庫結び

Special Thanks !

当サイトは「十五夜」さまの画像作品を使わせていただいています。

当サイトの運営内規

著 作
ますえ & 竜 (Ricky)

東京・首都圏での着物の出張着付け専門

"お急ぎ" のお着付け、
実用的なお着付けを学びたい、
どちらのご要望にも迅速にお応えします。

体を自由に動かせて、着くずれしないこと !
基本を曲げない "粋な" お仕上がりです。
心おきなく "和の装い" をお楽しみください。

ご予約・ご連絡は、お電話 050-3616-3285 (常時)、又は e-メール (ma5298se@gmail.com) で、担当「ますえ」宛に、お願いいたします。

いよいよ夏のお着物(薄もの)や浴衣の季節です。 梅雨内でも、真夏のような日が続くこともあるとの予報です。 浴衣で 2017 花火大会 へ! ご予約は、お早めに!

左側「ご案内」の各項目をクリックしてご覧ください。 「(2) 帯結びコレクション」の 12 番目 'おたいこ' では同一画面に前後の姿が表示されます。 「季節のカード」もどうぞ !

純生のきものワールドへ! ブログ「着物あれこれ

下記、首都圏のイベントやネットの話題などをご案内しています。 ご参照ください。

き も の コ ラ ム

現在、次のようなイベント・展示会が行われています。 (お出かけ前に開館日をご確認ください。)
* かぶき入門 国立劇場「伝統芸能情報館」 7月27日まで
* 東京丸の内盆踊り 行幸通り・仲通り 7月28日
* 隅田川川開き 桜橋〜駒形橋 7月29日
* 戦国! 井伊直虎から直政へ 両国「江戸東京博物館」 8月6日まで
* ちいさいおうち 東陽町「Gallery A4」 8月6日まで
* 深川八幡祭り - 聯合渡御は13日 - 8月11-15日
* 珠玉の香合・香炉 二子玉川「静嘉堂文庫美術館」 8月13日まで
* 川端龍子 恵比寿「山種美術館」 8月20日まで

ネット上の話題からB 浴衣の帯結び についても書き加えておきましょう。 既にお話ししていますが、浴衣の着付けは、一本の紐で裾を決め、もう一本でおはしょりを抑える、これが基本ですから、ここまでしっかりとでき上っていたら、帯はその上に巻き、結ぶだけなのです。 浴衣と違って、帯は少々ゆるゆるでもトラブルになることなどありません。 付け帯もありますが、浴衣を着る機会が増えると、何とも物足りなくなってしまいます。 ビギナーでも、普通の半幅帯を準備され、何度か試された上で、帯結びの変化を楽しんでください。 文庫結びがうまくいかなかったら、リボン結びでもいいのです。 (竜、7-21-17)

ネット上の話題からA 「着崩れたらどうしますか?」といった質問をよく耳にします。 先ず、浴衣も着物も、帯ではなく '紐' で着付けられると理解してください。 着崩れるとしたら、もともと紐の締め方が緩い、あるいは途中で緩んでしまっているのです。 浴衣の一式セットなどで目にするポリエステル製の紐の困った点は、シッカリと締めるととても苦しく感じられ、時間が経つと次第に緩んでしまうことです。 紐の素材を確認して、モスリン(ウール)製の紐を準備してください。 紐 2 本に、できれば '伊達締め'か '和装ベルト' を使って着付けられると、もう何も気にされることはありません。 (竜、7-19-17)

ネット上の話題から@ 九州では大災難を被っておられるのに、東京はまるで梅雨を忘れたかのような真夏の日々が続いています。 事実、若い方の浴衣姿を街中や駅中で見かけるようになりました。 浴衣でのお出かけ を楽しみにしておられる方も多いことでしょうが、花火大会や盆踊りなど屋外のイベントでは、浴衣の下に余計なタオルなど巻かないでください。 タオル全面ぐしょぐしょになったら、もう気分はサイテー、どうしようもありません。 もちろん、"補正が着崩れを防ぐ" といった理屈など全くありません。 モスリン(化繊は不可)製の紐 2 本をしっかりと結ぶ、それで十分なのです。 (竜、7-8-17)

きものエッセー (18 編) : 'きもの' の歴史や、文化史をテーマとした展示会に時おり足を運んでプライベートな感想をまとめてみました。 今は、ブログ「着物あれこれ」に引き継ぎ、続けています。

アーカイブズ これまでご案内した話題や参照させていただいた記事(2008 年より)は、ほぼ削除することなくこちらに収納しています。 「着物」全般に関する参考資料にでもなれば、と考えています。

お着物を「次の機会にまた着たい」とのお言葉が励みになっています。

制作・運営 株式会社マービック 東京・新宿
posted initially on September 15, 2008 by Marvic Inc., Tokyo (Charset : iso-2022-jp)