English Version

銀座 Jotaro Saito
六 本 木 'a w a i'
The Cover Nippon
渋谷 The Yard
上野広小路・鈴乃屋
上野広小路・道明
浅草新仲見世・帯源
新宿駅東口・津田屋
神楽坂・助 六
四谷・むさしや
骨董通・伊勢半本店
キラー通・Twiggy
着 物 倶 楽 部
 着付動画 「わただ」
準 備  ・長じゅばん
着 物  ・
 浴衣動画 「やまと」
浴 衣
半幅帯文庫結び

Special Thanks !

当サイトは「十五夜」さまの画像作品を使わせていただいています。

当サイトの運営内規

著 作
ますえ & 竜 (Ricky)

東京・首都圏での着物の出張着付け専門

"お急ぎ" のお着付け、
実用的なお着付けを学びたい、
どちらのご要望にも迅速にお応えします。

体を自由に動かせて、着くずれしないこと !
基本を曲げない "粋な" お仕上がりです。
心おきなく "和の装い" をお楽しみください。

ご予約・ご連絡は、お電話 050-3616-3285 (常時)、又は e-メール (ma5298se@gmail.com) で、担当「ますえ」宛に、お願いいたします。

卒業式や入学式など - 春のお祝いごとには、お着物でお出かけになりませんか? お着付けのご予約はお早めに!

左側「ご案内」の各項目をクリックしてご覧ください。 「(2) 帯結びコレクション」の 12 番目 'おたいこ' では同一画面に前後の姿が表示されます。 「季節のカード」もどうぞ !

純生のきものワールドへ! ブログ「着物あれこれ

下記、首都圏のイベントやネットの話題などをご案内しています。 ご参照ください。

き も の コ ラ ム

現在、次のようなイベント・展示会が行われています。 (お出かけ前に開館日をご確認ください。)
* めでたい北斎 - 福づくし - 両国「すみだ北斎美術館」 1月21日まで
* 博物館に初もうで 上野公園「東京国立博物館」 1月28日まで
* 北斎とジャポニスム 上野公園「国立西洋美術館」 1月28日まで
* おどりの衣装 国立劇場「伝統芸能情報館」 1月28日まで
* 細川家と「天下泰平」 目白「永青文庫」 1月28日まで
* 国宝雪松図と花鳥 日本橋「三井記念美術館」 2月4日まで
* 茶道具取合せ展 上野毛「五島美術館」 2月4日まで
* 北斎と肉筆浮世絵 雪ノ下「鎌倉国宝館」 2月4日まで

ネット上の話題からB 成人の日当日の 「はれのひ」事件、被害に遭われた新成人の方々は本当にお気の毒です。 その上、同社が抱える振袖が顧客や借り元に返却されるどころか、「メルカリ」などのウェブ上で出回ったとしたら、もう許せる行為ではありません。 「振袖が着れなかったので、成人式出席を取りやめた」との言葉に違和感を持たれた方もいらっしゃるようですが、周りの方の善意と犠牲で、「何とか都合して間に合わせた」との、けなげな気持ちも察してあげるべきでしょう。 今やシンボルとして、「振袖」を着てもらえるからこそ出席率を上げているのも、又、現実なのです。 (竜、1-10-18)

ネット上の話題からA 昨年末の前項で、成人式には女性の大半が和装で臨むとの記事を紹介しましたが、和服業界の今の話題は、成人年齢が18歳に 引き下げられたら、ということのようです。 確かに、高校生最後の年、大学入試の直前、そして卒業式までわずか 3ヶ月! かような時期に、はたして振袖を着てもらえるのかと、関連の他の業界と共に懸念しておられるようです。 一時的な落ち込みは避けられないかも知れませんが、個人的には、着物を着用する歳が早まれば、自ずと着る機会も増えるはずで、長期的に見るとさほど心配するには及ばない、と思うのですが …。 (竜、1-6-18)

ネット上の話題から@ MyNavi による、「成人式には何を着ましたか?」との アンケート調査結果 では、ほとんどの女性は '和装' だったとのことです。 衣装のレンタルサービスが充実し、お着付けや写真撮影までパッケージになっているようですから、「一生に一度のチャンスを '振袖' で」との思いを叶えやすくなっていることが、比率を押し上げているのでしょう。 又、この世代では '浴衣' が夏ファッションに組み込まれており、和装への抵抗感が薄れていることも、後押ししているように感じます。 今年も、いよいよ残りわずかになってしまいました。 皆様、良いお年をお迎えください。 (竜、12-29-17)

きものエッセー (18 編) : 'きもの' の歴史や、文化史をテーマとした展示会に時おり足を運んでプライベートな感想をまとめてみました。 今は、ブログ「着物あれこれ」に引き継ぎ、続けています。

アーカイブズ これまでご案内した話題や参照させていただいた記事(2008 年より)は、ほぼ削除することなくこちらに収納しています。 「着物」全般に関する参考資料にでもなれば、と考えています。

お着物を「次の機会にまた着たい」とのお言葉が励みになっています。

制作・運営 株式会社マービック 東京・新宿
posted initially on September 15, 2008 by Marvic Inc., Tokyo (Charset : iso-2022-jp)